プロフィール

Loui

Author:Loui
月1更新が目標。ネタは溜まる一方...

検索フォーム
最新コメント

MIT Oracle AC1導入記 

年末から年明けに掛けて色々導入したり、手放したりと動きの多い拙宅のオーディオです。

今年最初となる記事は導入したものについてです。
その前に、昨年当ブログを読んで頂いたユーザさんから「文章が固い」とのご指摘を受けたのでもう少しラフに書いていこうと思います。

導入したものはMIT(MUSIC INTERFACE TECHNOLOGY)社の最上位Oracleシリーズの電源ケーブルである「Oracle AC1」です。

導入の経緯としては、年明け直ぐに当ブログの訪問記でお馴染みのexorionさんが拙宅に来られた話まで遡ります。
年末にDACを新調し、調整ままならない状態で聴いてもらいましたが、メインソースであるアニソン再生においては好評化を頂きました。
その中で低音の張りや粘り、力感が無いと指摘されました。
これは私が今のスピーカに変えてから長い間抱えている問題で、年末に新調したDACを入れても目覚ましい改善はありませんでした。
そんな時に彼から一言、
「取り敢えず、日本を出る前にMITの電源ケーブル送るからまず試してみてよ。その問題は改善すると思うよ」
と言い残し、数日後に今回レビューを書く電源ケーブルが届いた訳です。

前置きが長くなりましたが、まずMITとはについて。
以前はナイコム株式会社が取り扱いをしていたようですが、現在は取り扱ってないようです。ナイコムの方では呼び名が「エムアイティ」ですが私はそのまま「ミット」と読んでいます。
以下のリンク先の下の方にMITの詳しいプロフィールが書いてありますのでそちらを読んでみてください。


【概要】
さて今回導入した電源ケーブル「Oracle AC1」にはMITのケーブルの特徴とも言える大きなBOXがついています。この電源ケーブルに関してはそのボックスに「Z-Circuit」という名称が付けられています。このBOXを通すことでノイズの除去と力率の修正を行うようです。また、超低抵抗導体を電源供給に最適化した構造で配置されてるようです。
AC1に関しては前期型と後期型でこのBOXの大きさが違います(後期型のほうが大きい、また今回導入したのも後期型)
MITのケーブルではよくVerの頭文字あるVがモデルの末尾についています。
色々マイナーチェンジを行いVerを上げていってるようですね。
Oracleシリーズの電源ケーブルではVerの明記はありませんがAC1のように前期型と後期型で別れてたり、BOXを2個にしたAC2やBOXが無いZcord3、AC1のノイズ除去を強化したACVなどがあります。

AC1
・Oracle AC1(後期型)(撮影者:ブログ主)

AC1前記
・Oracle AC1(前期型)(画像検索より)

AC2
・Oracle AC2(画像検索より)

Z3
・Oracle Z-Cord III(画像検索より)

ACV
・Oracle ACV(画像検索より)

【外見】
非常に太いケーブルで取り回しに苦労しそうと思いましたが、思いの外柔軟性があるのと、長さが2mということもあり難なくセッティング出来ました。
プラグはメーカ表記が見られないが両方共ワッタゲートの無メッキかと思います。
特徴的なBOX「Z-Circuit」はズッシリと重く、丈夫なアルミ筐体で覆われています。

電源ケーブルセッティング
・セッティングの様子(撮影者:ブログ主)

【レビュー】
前回のレビューは、遡ること数カ月前の2年ぶりのブログ再開一発目の記事ですね。
よく読んでみると、その2が更新される予定のようですが、この記事を書いている段階でその記事を書くモチベーションはとうに消え失せてるのでそのまま進めていきます。
細かいパラメータや比較などは入れずに、このケーブルを導入してみて感じたことをそのまま文にしていこうと思います。つまり曖昧さ全開なのであまり過信しないように予め年を押しておきます。(そもそも既に売られていないし、出物も少ないのでこのレビューを書く意味とはと言われてしまいそうですが)

導入場所:パワーアンプ
導入経路:壁コンとダイレクト接続

まず、プラスと捉えられる傾向について
・抜群の駆動感
最初にこれを持ってきた理由としてこのケーブルが届いて最初に聴いたのが、夜遅かったということです。そのため小音量で聴き始めたのですが、初っ端から「え゛っ」と声に出す驚きでした。小音量では余計に存在感のない悲しい低音が出てくる筈が、重く深く、力感を持ちながら出ていました。ドラムやベースの特に中低音の部分がしっかりと出てくることで音全体に張りが生まれて躍動感あるサウンドで鳴っていたのです。思わずボリュームを上げたく鳴りましたが、それは週末までの我慢としてその日は終わりました。
週末になり真っ先にボリュームを上げて試聴しました。掛けたソースはガルデモとSB69です。exorionさんがいらした時に掛けた際、これらのソースを聴いてうちで問題としている低音再生について具体的なアドバイスをもらいました。聴いてみて感動しました、歯切れよく弾むようなベースの音がしっかりと音ととして出ているのです。導入前は、締りのいい低音ではあるが量感、力感が無くまた、深みもないからあからさまに不自然なベースやドラムの音がしていました。それがようやく、普通に聴けるレベルまで戻ってきました。
この改善には、アドバイスをくれた彼に深い感謝の気持ちを送りたいと思います。
ちなみに、この段階ではケーブルをお借りしている状態でしたが、後ほど正式に譲ってい頂くことが決まりました。

・正確な音のコントロール
この部分は正にアニソン再生においては必須ともいえる要素だと思います。
現代アニソンでまずよく鳴らそうと試みる場合、やることが情報量、音数、分解能といった部分の底上げです。これは私も初め行ったことですが、これをやり過ぎると陥りやすいのが、色んな音が聴こえて凄いんだけど、音楽として纏まりの無い音です。
このケーブルを入れることで、きちんと音の情報を整理し、音に凸凹が出来ます。これは帯域バランスという点ではなく、音に抑揚、強弱をしっかり出すということです。
拙宅では導入後、非常にアニソンが楽しく聴けるようになりました。

・地に足が付くような低重心
ケーブルで定位感がというと不思議に思う人も多いと思いますが、このケーブルでは地に足が付くような低重心でどしっとした音像定位になります。この重さを感じれるケーブルはなかなか無いと思います。重いという言葉を使うと、緩い、遅いというイメージを持たれる方も居ると思いますが、実際は繊細さ、スピード感は維持しつつ、これを実現出来ています。

・高いSN表現
所謂澄み切り、見通しの良さ、静かさといった言葉で表現される部分です。
荒々しいざらつくような質感は皆無で非常に静かです。これは特徴的な「Z-Circuit」BOXによる効果が大きいと思います。実際に聴いたことは無く憶測での話ですが、このBOXが2つになるAC2ではよりSN感が増すのだと思います。

マイナスと捉えられる傾向について
・サウンドステージの閉鎖感
これは他の方もMITのケーブルの特徴として上げられている傾向です。
拙宅ではこのケーブル導入前の音は音離れのいい開放感のある音がシステムの特徴の一つでしたが、このAC1を入れることではじめ聞いた時、「疲れてるのかな?」と自分の耳を疑いました。それくらいわかりやすい閉鎖感が生まれます。この閉鎖感でMITは使わないという方も多いようです。考えられる原因は特徴的なBOXだと思います。しかし調べてみるとBOXが2つあるAC2だとこの閉鎖感が減るとのこと。しかしながら両者ともに開放感のある音ではないことを念を押しておきます。
拙宅では、特に問題なくこの閉鎖感を改善しました。
改善方法は?と言われるとシステムごとに変わるので何とも言えないが正直なところです。

・帯域バランスと音の抜け
人によっては高域が出なくなった、抜けが悪くなったと感じる方も居ると思います。
私が聴く限りでは、高域が出なくなったというわけではなく、他の帯域に厚みが出来たことで大人しく聴こえるということです。このケーブルはどちらかと言うと高域を伸び良くキラキラ拡散するように出すケーブルではありません。中域以降の帯域にスポットを当てて魅力的に鳴らすケーブルだと思います。抜けに関しても、厚みがでると篭ったと感じられる場合がありますが、よく聴いてみるとそんなことはありません。音の抜けと音の厚みには関係があると私は思っています。

【まとめ】
今回の音の変化や問題の改善度合いを考えると、機器を変えること同義に思いました。
MITのケーブルはオーディオケーブルという域で考えるのでは無く、一つのコンポーネントと捉えるのが正しいと思います。
少なくとも拙宅の環境では、アニソンオーディオで必要とする音を補う重要なコンポーネントの一つとして貢献してると言えます。

そのうちインターコネクトやSPケーブルなんかも試す機会があれば試してみたいですね。
特にOracle MAシリーズ、現行のMAX2シリーズを聴いてみたい...

今年からのブログはこんな感じで緩く書いていきたいと思います。
更新ペースは月に最低1更新はキープしていけたらと思います。
今年も当ブログを宜しくお願い致します。

長くなりましたが今回はここまで
次回は、訪問記かアニソンレビューか、オーディオネタか
スポンサーサイト