FC2ブログ
プロフィール

Loui

Author:Loui
月1更新が目標。ネタは溜まる一方...

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Look邸訪問記~Momentum = Exorcism~

1年5ヶ月ぶりの月2更新となります。
ようやく更新意欲が戻ってきました。

ある出来事を堺に書くことはやめていた訪問記を復活させました。
最後書いたのはぐっちょんさん所なので1年4ヶ月ぶりになります。
訪問記を書かない間もいろんな所にお邪魔させて頂きましたが、訪問記を書き残すには至りませんでした。

本題に移りますが、先月lookさんところにお邪魔した際の訪問記となります。
今回は今までにないスケジュールで最初から最後までどっぷり楽しむことが出来ました。
写真 2018-08-25 17 50 54
・システム全景

ことの始まりはlookさんからのダイレクトメッセージに始まります。
YGの稼働時間の8割がゆかりんなN氏と最近爪で木を叩くのに夢中なI氏達が遊びに行くそうで、ブログ主も一緒にどう?との事でした。
またとない機会と思い、即答しました。
2週間あとのスケジュールという事ですぐに仕事が入れないように抑えました。
(最近は土曜にも仕事があったのでOracleバリア炸裂です)

そしてあっという間にオフ会当日の金曜日。
その日の私は18時までに仕事を終え、定時でダッシュ。
lookさんとのやり取りの中で私の職場と彼の職場が近いということで、車でこちらの職場最寄り駅まで迎えに来てくれることになりました!
彼の車に乗り込み、出発です。
オフ会の開催場所は、彼の自宅ではなく某所にある別荘とのこと。
到着前から期待が高まります...!
車に乗り込んだのが金曜夜7時、なんと今回のオフは平日夜スタートという初の試み。
過去に早朝スタートはありましたが、深夜はありませんでした。

車を走らせはや2時間、途中サービスエリアで夕食済ませました。
車中では新しく厄払いしたアイテムとケーブルの話で盛り上がりました。
いよいよ、開催場所へ到着。
周辺は自然に囲まれており、空気も澄んでいます。
なにより、外的なSNが高く、静かです。

オーディオルームに入る前から、なんて理想的な場所なんだと思いました。
っと前置きを長く書き過ぎたので、早速彼の機器とシステム紹介に移ります。

Look's System

・Network Player: SFORZATO DSP-01(with PSU)
 - DCケーブル: AUGDIN(create by lookkg)
 - ACケーブル: Nordost ODIN Power

・Clock: SFORZATO PMC-01BVA
 - ACケーブル: Esoteric 7N-PC9500 Mexcel
 - BNCケーブル: Brise Audio 特注

・NAS: zigsow ZSS-1(特注モデル)
 - ACケーブル: TRANSPARENT PLMM
 - M12 Gold Switchに接続

・Switching HUB1: Telegaertner M12 Gold Switch(with PSU)
 - PSU: SFORZATO PPS-M12T
 - ACケーブル: Allegro Power Cable
 - LANケーブル: M12 Xコード/MFP8 GOLD x3
 - LAN Terminator: LT-M12X x2

・Switching HUB2: WaversaSystems WSmartHub
 - エーワイ電子: アナログ電源(AC駆動時)
 - ACケーブル: TRANSPARENT PLMM
 - M12 Gold Switchに接続

・Preamp: Ayre KX-R Twenty
 - ACケーブル: Crystal Cable Absolute Dream Power

・Room Speaker Optimizer: TRINNOV ST2 HiFi
 - ACケーブル: Nordost ODIN Power

・Poweramp:
 - High用:  Ayre MX-R Twenty
  - ACケーブル: Stage iii Concepts Leviathan x2
  - SPケーブル: TRANSPARENT OPUS MM SP

 - Low用:  Ayre MX-R Twenty
  - ACケーブル: NBS IIIS x2
  - SPケーブル: TRANSPARENT OPUS Jumper

・Speaker: YG ACOUSTICS Sonja 2.2
 - Build in Aug Terminators.

・Interconnect:
 - DSP-01→Pre: TRANSPARENT Mugnum OPUS XLR
 - KX-R Twenty→TRINNOV: ZenSati Silenzio XLR
 - TRINNOV→High用MX-R Twenty: Nordost ODIN XLR
 - TRINNOV→Low用MX-R Twenty: NBS BLACK LABEL2 XLR

・Others:
 - Andante Largo Sub Table Silence(特注) x3
 - QRD QRD Diffractal(Paint by lookkg) x3
 - Acoustic Revive RWL-3 x2
 - 自作ANKH xいっぱい
 - モクモクインシュレーター xいっぱい

・Audio Room: 石井式

・Power Design; EMC設計

<システム写真集>
写真 2018-08-24 22 46 08
・システム全景

写真 2018-08-25 16 56 01
・機器全景

写真 2018-08-25 17 27 29 (1)
・ケーブル全景1

写真 2018-08-25 17 27 14
・ケーブル全景2

写真 2018-08-25 17 27 19
・OPUS MMとLeviathan

写真 2018-08-25 17 50 24
・Sonja 2.2 その1

写真 2018-08-25 17 50 15
・Sonja 2.2 その2

写真 2018-08-25 17 50 37
・Sonja 2.2 その3


いざ、システム構成を書いてみると超弩級なものが勢揃いです。
特にケーブル郡は好きな人にとっては眼福ものです!

構成が書き終わったところで先程の話に戻ります。
N氏とI氏よりも先についた私とlookさんは先にオーディオルームへ入ることに。
入って早々に感じたのは石井式独特のデッド感。
私はこの感じが好きなので違和感は覚えませんでしたが人によってはこのデッド感が結構気になるそうです。
しかし、
lookさんのところは自作のANKHやその他音響パネルが置いてあるお陰か適度に心地よい響が乗っている感じがしました。
室内は外のSNとは違った抜群のSNです(音楽を聴くのに適した静かさ)。
これならソースに入った情報を漏れなく伝えてくれると思いました。
AGSの森に囲まれたA氏宅が部屋としての最高峰だと実際に聴きに行って感じましたがそれに負けず劣らず、lookさんところのオーディオルームも見た目含めて良かったです。
壁と床がウォールナットで出来ているので色合いの統一感と引き締まった感じが好み的にストライクでした。

N氏と合流する前に何曲か聞きましたが高まる興奮と眠気でよく覚えていないので後ほど書く曲の感想は翌日土曜に聴いたときのものになります。
21時過ぎにN氏、I氏たちと合流し、深夜のオーディオオフが始まりました。
I氏たちは夜11時が過ぎる辺りで退出、翌日ガッツリ聴くことになりました。

夜も深まりlookさん、私、N氏の三人になり、N氏が早速たくさんのモクモクの入った箱とは別な箱から、おもむろにあるものを取り出します。(ニヤリ)

!!!!
ゆかりんのBDです。。
lookさんところは音楽だけでなく、映像も楽しむことが出来ます。。
深夜の男三人、ゆかりんのLIVE BD試聴会が始まりました。
写真 2018-08-25 0 05 28
・世界一可愛いよ

映像にも抜かりないlookさん、200V駆動のSony製4KプロジェクターにスクリーンはStewartの130インチ!!
このシステムで見るゆかりんは浮かび上がるような立体感とYGのSpeakerから出るライブ感たっぷり豊富な情報量。液晶より綺麗じゃないか?思わせるような色の再現ときめ細かさ、映像オフでも良かったな思いました。
おかげで眠気が吹っ飛びました。

写真 2018-08-25 1 27 12
・ワルキューレタイムも?

というもののすでに深夜2時を回っていたので、今日のところはここでお開きになりました。
隣の居住スペースへ移動。
我が家のように2階へ上がるN氏、直近2ヶ月で3回目の訪問とのことで慣れた足取りでした。
自然に囲まれ場所なので夜は涼しく快適ですが、朝は非常に日当たりがよく汗だくになるほど暑いらしく、2回の訪問でそれを学んだN氏はMY 扇風機と枕を持参していました。
今回のオフでオーナーのlookさんよりもオフに気合が入っていると思いました。

私は一階で眠りましたが夜、朝ともに快適でした。
夜は外からわずかに聞こえる虫の声、朝は窓から差す太陽の光で
(あぁ~私も別荘欲しいと思いました。)

lookさんはオーディオルームで愛犬と就寝
起きたN氏と8時くらいにオーディオルームへお仕掛けます。
その後すぐ、I氏たちも合流しました。


オーディオオフ2日目の始まりです。

lookさんところはNWPがメインの再生機器なので皆データ音源を持ち込みでした。
トータルで10数曲はかけたと思うので、その中でも印象的だった曲を何曲かピックアップして書いていきます。
掛けた順とは異なりますのご承知おきを。


1曲目:プラズマジカ「迷宮DESTINY」
7-流星ドリームライン

この曲のポイントは以下の通り、
・楽器毎のサウンドステージ内の位置関係
・ボーカル4人の声質、表情などのニュアンス表現
・劇中のシーンを彷彿させる躍動感
・ボーカルを汚さない楽器のキレとエネルギー感
・ボーカル4人の定位感、入れ替わりの表現
・全体的なノリの良さ、スピード感

感想:
アニソンやロック調の曲はYGだと薄くキツくなりそうだなと過去の経験からついネガティブな思考になっていました。
しかしそんなことは曲を掛けはじめ、最初のディストーションですべてかき消してくれました。
腹を抉ってくるようなエネルギーが高く深い低域そして一糸乱れぬ精密さ、今まで聴いたYGのどれとも異なる質感です。
エレキやベースの表現は今まで聴いてきた様々なシステムの中でも群を抜いて素晴らしかったです。そしてエレキやベース、ドラムが複雑に入り混じるこの曲をたやすく分解し、まだまだ余裕を感じさせる捌きで私を魅了させてくれました。
楽器の位置関係は前後、左右バッチリ決まります。音像の定位感は上からしたまで万遍なくバランス良く出ているので、コンパクトに収まりつつも高密度で生々しい実体感を帯びた感じでした。
まず、楽器部分だけでも文句無しのクオリティです。
システムの組み方一つでYGの超高性能な部分を落とさず熱く躍動的に鳴らせるのだと体験することが出来ました。
楽器の表現力に魅了されつつも、次にボーカル部分をじっくり聴いてきます。
超高性能な上流とスピーカーの良さがしっかり発揮されているボーカルと楽器の分離感
混ざってボーカルがきつくなったり、抜けが悪くなったりということはありません。
また、情報量を漏れなく引き出してくれているおかげでニュアンスの変化に敏感に応えてくれています。
他のYGシステムで気になったボーカルの僅かなきつさもこのシステムではありませんでした。
この辺はトリノフによる調整とルームチューニングが効いていると思いました。
最近の持論として、まずは性能を挙げられるだけ底上げするのがアニソン再生におけるスタンダードな方法だと思っています。
楽器部分を聴いていたときにも驚きましたが、サウンドステージ内における楽器とボーカルの位置関係、定位感がここはダントツで良かったです。
YGはその点がMAGICOと比べて弱いと感じていましたが、それもシステムの組み方次第だと再び感心しました。
なにがそうさせているのだろうと機器やケーブルで考えてみると、DSP-01とPMC-01BVAコンビによる超高精度とで有り余る情報量、トリノフによる空間音響に適したチューニング、他に音像を際立たせるAD、そしてコントロール系ケーブル最高峰でMITと並ぶトラペのOPUS MMやMugnum OPUSが高次元で組み合わさりこの音を作り上げているのだと思いました。
もちろん、他の要素も複雑に絡み合っているとは思いますが。
ここまで凄いとしか書いていないので、強いて言えばなところも書きます。
私は音楽におけるはボーカル>楽器、ボーカルに重きを置いています。
その観点で聴くとこちらのシステムではボーカル<楽器に感じられました。
ただし、ごく僅かな差です。それくらい全体のバランスは高いので気が付かないことがほとんどかと思います。
よりボーカルが情感豊かに、更に一歩前へ身を乗り出して歌ってくるようになると、
私もYGに逝かなくてはという気になると思います。
ちなみに、カップリングの流星ドリームラインも文句なしで良かったです。
特に二番のエレキのソロパートは食い入るように聴いていました。
2曲かけ終わったところでI氏たちのこれよかった~すごいねと仰っていました。


2曲目:井口裕香「Miracle ~song for you~」
Miracle ~song for you~

この曲のポイントは以下の通り、
・深く広がる低域表現
・ふわっと情報で満ちた空間と包まれ感
・心に語りかけてくる沁み入るボーカル
・ダイヤモンドダストのように広がり浮遊する電子音
・伸び伸び天井を感じさせず強弱豊かに歌い上げるゆかちの声

感想:
私も大好きな井口裕香の曲ですが、私よりも好きでreferenceにしている方がいます。
アニソン、オーディオ再生においてこの世界にどっぷり浸かるきっかけになった一人でもあるhayateさんです。
この曲も最初の入りがとても重要です。
迷宮DESTINYとは対象的な緩やかで広がる低域でレンジ感を必要とさせます。
YGのシステム的には不得意な分野かな?と思いましたが何も問題はありませんでした。
このシステムからは引き締まった弾力の低域と緩やかで広がる深い低域の両方が十二分に出てきます。
数十Hz帯の低域が乱れずに十分な音圧出ることによってこちらが望むこの曲の低域が表現されています。
心地よい空間に包まれます。
曲の世界観に入りながら、聴き始めることが出来ました。
次に驚いたのは微粒子感を感じさせる電子音の浮遊感、その一音一音の芯が通っておりディテールが見通せる解像感です。
これはSonja 2.2から搭載される金属のリブとソフトドームのハイブリッドで形成されるBillet Domeツイーター真価だと思いました。
雪のように目の前であたかも降ってくる、触れる感覚に陥りました。
こういった空気感の表現はAyreの専売特許の一つだと思っています。
その最高峰がKX-RとMX-Rですね。Twentyになりよりユーザビリティと音も洗練されたと感じました。
そして、最後は肝心なボーカルです。
高い天井による恩恵もあってか、満足いく伸び伸びとした歌声と底知れぬ余裕を感じさせる歌いっぷりをここでも感じました。
この曲では部屋全体を情報で満たしながら、ボーカルと電子音のハーモニーが際立っていました。
あぁこの曲はhayateさんと一緒に聴いて感想を語り合いたかったと思いました。
lookさんところにお邪魔する1~2ヶ月前に2回目の拙宅へ来ていただきましたが、そのときも熱いアニソン、オーディオトークで盛り上がりました。
少し話が変わりますが、最近一部で話題になっているYGには金属的な響きや音がすると感じられる方がいられるようです。
ここではそんなことは感じられませんでした。
見た目や使用素材による思い込みでそのように思うこともあるのでしょうけど、オーディオにおいてはそういった思い込みが大きな損に繋がります。
どんなスピーカーでも鳴らす人、部屋、機器、ケーブルによる多種な組み合わせによって全く違う表情で歌うわけです。


3曲目:田村ゆかり「永遠のひとつ」
永遠のひとつ

この曲のポイントは以下の通り、
・地平線のはるか彼方を見通すようなサウンドステージ
・コンプ感をどこまで感じさせないか
・電子ピアノのリズミカルでカラフルな感じ
・どこかで切なさを感じさせる情感表現(温度感、明暗)
・声が薄くならず、センターでブレずに歌い上げる
・声の強弱、シーンの移り変わり埋もれがちな部分の引き出し

感想:
フロントウィングより2016年に販売されたPCゲームが原作の本作、今期のアニメで絶賛放映中なわけですが、ゆかりん好きにはたまらない作品になっています。
1クールに収めるために話自体は掛け足で詰め込み感は否めませんがそれを差し引いてもゆかりん演じるキャラクター凛音は尊いです。
あぁ絶海の孤島で余生を過ごしたい。。
話が逸れましたが、この曲は今回唯一このシステムではパッとしなかった一曲になります。
何がパッとしないかと言うとただ機械的に鳴っているだけで歌っていると感じませんでした。
カップリングで入っている他の曲は、周りも納得の評価でしたが一曲目のこの曲のみ様々な意見が飛び交いました。
I氏たち制作側の目線で聴くと、このシングルを作った人は3、4曲目のような曲を得意としているのでは?、それと比べると1曲目はどこか力を出しきれてない、中途半端な印象を覚えたとのこと。
確かに、このシングルを最後まで聴いていくと最初がぎこちなく、後半に行くに連れて生き生き歌い始めるように感じました。
N氏もカップリングのほうが気に入られている様子でした。
私が気になったのは曲の出来(音質、センス)に関係なく、何故パッとしなかったのかです。
あくまで私が聴いた印象になりますが、コンプ音対策に関係していると思います。
改めてコンプ音が引き起こす弊害について書こうと思います。
コンプ音とはコンプレッサーやマキシマイザーなどによってダイナミックレンジを狭め、音の強弱を曖昧にする。音的にはメリハリがなくなり平面的、音のキツさ、抜けの悪さ、サウンドステージと定位感の表現など、様々な場所に悪さをします。
これの対策には基本性能を高めることとMITがとても有効手段になってきますが、今回は後者による違いだと思いました。
MITがすべてなわけではないですがこの辺はトラペと比べると方向性の違いを感じさせます。トラペは元からある程度広いダイナミックレンジの曲に対してはその広さを十分に出して来ます。しかし、エフェクトにより極端にダイナミックレンジを狭められた曲に対してはそのまま出す傾向にあると思いました。トラペの割合が多いlookさんところではその点が今回のパッとしないのを引き起こしている一因かなと考えます。
その点MITは擬似的にダイナミックレンジを広げるような聴こえ方、効果があります。
現行MITのhighendグレードからreferenceグレード(ultimateグレード)はその効果が極めて高いです。ピュア思考の人にはこの聴こえ方は違和感と覚えるらしいです。
ちなみに基本性能もある程度満たしてないと聴いていられないと思います。
ここではその点が極めて高いため通常30~40%程度のものが60%で鳴っていました。
あと10%上がってくると相当に楽しめると思います。


4曲目:ZAQ「Last Proof」
last proof

この曲のポイントは以下の通り、
・急落する音の立ち上がりと立ち下がりの表現
・躍動感と駆動感を出せるだけ出すこと
・魂を削って歌い上げる熱いボーカル
・ボーカルに負けないバンドの演奏
・一糸乱れないスピード感
・力こそパワーを彷彿させるエネルギー感とたまに見せる繊細な表現

感想:
トリニティセブンの劇場版主題歌になります。TVアニメのときも彼女が主題歌を担当していました。
今回最もこちらのシステムでは印象的な一曲です。
同席したN氏、I氏たちも初めて聴くにもかかわらず、驚きと凄みを顕にしていました。
評価ポイントをすべて網羅しているのにもかかわらず、まだまだ余裕を感じさせる音です。
全身全霊で歌い上げるボーカルに答えるべく作られた、完成されシステムかと思います。
ちなみに歌を聴いているこちらが気疲れを起こすほどスタミナを使います。
カロリー消費するにはいいですけど、仕事帰りにこの音でフルコーラス聴く自信はないですね。
やはり、ボーカルに耳が行きがちですこの曲はバンドの良さもあります。
上で書いたポイントの通りエネルギーに振り切ったボーカルに負けない、楽器がしっかりと表現力されています。スピーカーより少し後ろにボーカルが現れるそれより手前左右に楽器が現れます。
その場所から出てくるそれぞれの楽器の質感、音圧感が非常にリアルであたかも目の前で演奏、歌っているような感覚になります。
この曲の難しさ、相反する要素の両立にあります。
わかりやすいところでいくと、躍動感や駆動感がよく出ていてもその勢いにつられてボーカル雑になったり、空間表現が損なわれることです。あとは勢いに一辺倒にありがちな制御不能に陥って他の音にかぶってガチャガチャになるなどです。
このシステムでは躍動感と駆動感を全面に押し出しつつも楽器とボーカルの位置関係、定位感は全く乱れません。
勢いやノリ一辺倒ではなく、極めて高い基本性能による裏付けによって様々な要素が両立されています。
最新のハイエンドスピーカーでここまで性能一辺倒の音ではなく、心を揺さぶってくるような音楽性の高い音が聴けるはlookさんの惜しまぬ探究心、決断力、センスのタワ者に違いありません。
少なくとも、この次元に至るには金銭的、時間的、経験的コストが膨大に掛かります。
lookさんの勢いには毎度影響されてしまし、今年はリミッターを外した状態でオーディオの散財をしていました。
8件ほどオーディオ関係のものを新品で買ってしまい、下半期早々カツカツになっています・・。 
導入したものの導入記は随時更新を頑張っていこうと思います!

曲のレビューはここまでです。
他にもいろいろ取り上げたい曲が沢山ありましたが、今回は特に印象が強かったものを選択しました。

各自、持ち前のソースを満足いくまで堪能した後は昼食の時間です。
馬刺しとほうとうが絶品なお店に行きました。
写真 2018-08-25 13 40 07
・馬刺し

ここではlookさんの食欲と勢いに驚きました。
年齢を感じさせない勢いで満ちた人です(褒め言葉)

ほうとうが好きな友人のために写真でおすそ分けです!
写真 2018-08-25 13 53 06
・ほうとう

昼食完了後は、午後のオーディオオフが始まります。
試聴に集中しすぎてあまり写真を撮れてないので、少しでも雰囲気が伝わるように書いていきます。
新木場に別荘を立てると豪語するN氏持ち込みのモクモク比較試聴会です。
写真 2018-08-25 17 22 44
・モクモク比較試聴会

見たことも聴いたこともない様々な種類、サイズの貴重な木材がN氏の持ってきたBOXから取り出せられます。
ここからは私にはまだ早い世界が広がります。
私でもはっきりわかったのはプリアンプの下に置いてある木材の違いとMugnum OPUSの下に置いてあるケーブルインシュレーターの違いです。
これは特にボーカルの表現に大きな違いを感じました。
いわゆる温度感や声の余韻、響きが変わって聴こえます。
システムが形になってきた最後のスパイス的な調整に良いと思いました。
この試聴で最も驚いたことはI氏のモクモク聞き分けスキルです(よくわかってない)
おもむろに二種類の木材を重ねて爪でコンコンと叩き始めます。
次にそれぞれの木材単体で叩いて響きを確認します。
I氏いわく、木材には種類毎に得意不得意とする響きがあり複数の木材を重ねることで調整ができると仰っていました。
なるほど、わからん!
あまりに高度すぎて最適解を見つけるのは相当な沼だなと思いました。
見よう見まねで二種類の木材をとって重ねて叩いてみます。
確かに、単体で叩くときが響きが異なります。
組み合わせによって心地よく響くものもあれば、全く響かないものまで。
この沼に挑戦中の友人がいます。そのかれはソウルジェムを真っ黒にして1kraken以上の投資をして最高のモクモク探求に使っています。。
一部で空前のモクモクブームで希少木材がショップから乱獲されているわけですが、誰が想像するでしょうか。それをオーディオ用に使われるという事を。
今回の試聴では、自分が普段知っている木材は極々一部であるということを思い知りました。

何かと比較試聴は時間の経過が早いです。
最後は昨晩に引き続き、I氏たち交えての4Kソースを堪能しました。
その界隈ではよく知られている「宮古島」です。
写真 2018-08-25 17 37 58
・宮古島

肉眼で見るより鮮明で見えすぎるくらいディテールが見えて、再びホームシアターもやりたいなぁと思いました。
もしやるなら、ピュアとシアターは同居させず構築したいですね。
皆でlookさんの別荘を後にすると、ここでお別れ......。


ではなく!
温泉と夕飯が待っていました。
温泉そっちのけで湯に浸かりながら一時間程オーディオ談笑にふけっていました。
オーディオマニアは裸に鳴っても話すことは変わらず。
ある意味安心しました(笑)

夕食はすき焼きを楽しみ今度こそlook邸オフ会は終わりました。
写真 2018-08-25 19 31 40
写真 2018-08-25 19 37 12
・すき焼き


帰りはN氏の車で自宅の最寄り駅まで送ってもらいました。
車中ではなくいつ元通りゆかりんのLIVE BDを掛けながら、ゆかりんオーディオトーク!
オーディオオフはお家に帰るまでがオフ会なのです。
これにて一日半のオフ会が終わりました。
翌週月曜は仕事に身が入らず、天井のシミを数えながら、淡々とこなしました。


最後に全体を通して「lookさんのシステムはどんな音なのか?」について箇条書きにしていこうと思います。

・極めて高い基本性能と躍動感、駆動感が両立する中でも底知れぬ余裕
・ボーカルのもつエネルギー、熱を出し切る表現力
・一糸乱れぬスピード感と音捌き
・立体感溢れるサウンドステージ
・ボーカルと楽器の明確な位置関係と定位感
・オーディオ的な一面と生演奏のような一面を併せ持つ異次元サウンド
・音楽的な良さをしっかりと伝えられる
(・YGはイイぞ)


そして、訪問記恒例のlookさんの思う己の求める音(テーマ)について、
頂いた文章をそのまま載せます!

「lookさんの思う己の求める音(テーマ)」
目指す音ですが、ハッとする実体感のある音+オーディオ的快楽のある音でしょうか。生の良さとオーディオの良さをミックスしたかのような。こう書くと何かとんでもないですね・・・でも貪欲にやれることはどんどんやって、誰も聞いたことがないくらいのインパクトを求めています!と言うのはタダなので言っちゃいますw実際は大したことないですよw


まとめ:
今回のオフではlookさんのオーディオへ向かう姿勢そのものが音に体現されていると感じました。
常に一歩先二歩先を行き、人がやらないこと(やれないこと)を実行に移すlookさんの姿勢には見習う部分が多いです。
今までお会いしたどんなオーディオマニアの中でも、最も勢いに満ち溢れた方だと思いました。
このオフに同席したnemoさん、イノキーさん達。
ここでやっと名前が出てきましたが、お二方がいてこのオフ会はより楽しむことが出来ました。。
そして、このオフを快く承諾してくれたlookさん。
彼には日頃からTwitterで多大なる影響とパッションをもらっております。
お三方にこの場を使って心より感謝申し上げます。
久々の充実したオフでした。

そして訪問記再開にはいいスタートがきれたのかな?と思っています。
訪問記の方はもう一つ書きたいところがあるので、また書く余裕が出来たら更新しようと思っています。

-Loui-
スポンサーサイト

MIT Oracle MA-X2(MA-X Rev.2) ic 導入記

先月に引き続き、更新ラッシュです。
ちなみに月ごとでの連続更新は昨年の2月ぶりのようです(汗)

表題の通り、目標の一つであったMIT Oracle MA-X2(Rev.2)icを新品導入しました!

2018-08-15_11-42-40_988.jpeg
・全体像

これが前回のADおかわりの時に末尾で書いていた厄払いケーブル第二弾になります。
この価格帯のものを新品で導入するのはなかなか胃がキリキリしますね...。

ちなみにこの製品を初めて聞いたのが2年くらい前になります。
その当時は今とシステムが違いましたが、それでも機器を変えたかのような凄まじい変化に驚いたことを鮮明に覚えています。
最大のネックである価格の壁によって「これは流石に導入することはないだろう」と思っていましたが、物欲には勝てなかったわけです。

前置きが長くなりましたが、今回は本国の正規ディーラーと直接取引の末に購入へこぎつけることが出来ました。
こちらの要望を心よく承諾してくれた代表の方には感謝しきれません。

早速、概要に移ります。

【概要】
MITから出ているインターコネクトとしてはreferenceグレードのOracleシリーズのセミフラグシップモデルという位置づけになります。
フラグシップは当ブログでも何度か紹介しているSHDです。
MA-X2はヴァージョンアップにより現在はMA-X3になっていますが、MA-X2もメーカーより新品で購入することが出来ます。
前回の試聴記である程度搭載されている機能については触れていますが、二年も経過していますので改めてもう少し詳細に書いていきます。

このモデルにはMITの基幹技術であるMultipole Technologyの他にA.A.R.M. (Adjustable Articulation Response Module)2C3D technologiesSIT (Stable Image Technology)JFA (Jitter Free Analog)などの技術が盛り込まれています。

Multipole TechnologyA.A.R.Mについて下記の記事で紹介しているのでご覧ください。
Multipole Technologyについて 
A.A.R.Mについて 

2C3D technologiesについて
「2Ch、3D」の略語である2C3Dは、MITケーブルの創始者Bruce Brissonによって開発された技術です。
2C3D技術は、2チャンネルのオーディオシステムから信じられない程の3次元的なサウンドステージを作り出すために設計されました。
この技術は、ディテール、イメージング、そして真の "奥行き"の感覚を持つリアルなサウンドステージの最適なバランスを提供します。
2C3Dを使用すると、任意のボリュームレベルで高さ、幅および深さを保持した状態で、サウンドステージ内の個々の楽器やボーカルの各々を識別することが出来ます。
講堂の後ろの列に座ってあなたの好きなライブ音楽を聴いていると想像してみてください。2C3D技術は効果的にあなたをピックアップし、あなたを正しい講堂のスイートスポットに配置してくれます。
その後、完全なるパフォーマンスの方向性と次元を体験することができます。
これが2C3Dによる体験です。

SIT (Stable Image Technology)について
SITとは、画像が表示されることを意味します。
そして両方のものが焦点を合わせて、サウンドステージ内の所定の位置にとどまるだけでなく、任意の周波数または任意の電力レベルで、他の画像に対して拡大または縮小しないことを意味します。

SITはダイナミックレンジ全体にわたり、大きさと位置に焦点を当てた画像を提供します。それは最も柔らかいささやきから最も厳しいクレッシェンドまで。

JFA (Jitter Free Analog)について
音楽信号は、所与の時間にわたって正の電圧から負の電圧へと連続的に移動します。
それらがその遷移を行うポイントは、ゼロベースラインと呼ばれるものです。

JFAは、「Just Cable」で見つかるようにゼロベースラインで生成されたジッタが除去されることを意味します。

大きな利点は、 音楽信号がゼロ交差点を周期的に横切るため、「Just Cable」によって生成されるあらゆる外来ノイズを低減します。
つまり、単純なケーブルによって生成されるノイズアーチファクトを低減することに役立ちます。

結果は次のとおりです。
より黒い背景が生成され、その上に音像を描きます。
複雑な色調のエンベロープ内に保持されているすべての高調波構造を含め、適切な音色が維持されます。
また、外来ノイズを低減することで、テクスチャの様々なレイヤ間でより高いコントラストを出すことが可能になります。

ここまで

メーカーの説明読む限り、言っていることが難しいのと抽象的でよくわからずですが自分の解釈だと、

oruga.jpg

2C3Dは、立体的なサウンドステージ内に音像を作り上げる技術
SITは、周波数や音量に影響されず、サウンドステージ内の音像が大きく、小さくなったりするのを抑制する技術
JFAは、外来ノイズを低減することでサウンドステージの黒さやSN感を高めながら様々な音色を表現させる技術
といった所でしょうか。。


【外観】
ケースは販売当初と違い簡易梱包になっています。
以前はMAと同じくInterface BOXの形にカットされた梱包材がペア分重なって大きな箱に入っていました。
この箱がなかなか保管しとくに大きく困っていました。

2018-08-15_11-35-46_155.jpeg
・元箱

箱の中を開けるとオーナーマニュアルとメッセージカードなどが入っています。

2018-08-15_11-36-59_935.jpeg
・マニュアル類

Interface BOXに細いケーブルが左右から出ています。
MA-X3やSHDになるとVコンフィグの採用により片方向からケーブルが出てくるようになります。
また、Oracle MAの箱と見比べると採用している機能の違いにより、デザインが異なります。主にAARMのつまみが配置されたことによるレイアウト変更です。
ケーブルの太さも技術的な進歩を感じさせるスマートな外観になっています。
硬さで言えばMAのほうが柔らかかったですが、どちらも取り回しは良いです。
RCAプラグには銀メッキを施し外観をアルミのシェルに覆ったxshadowが採用されています。
MAのものと比べると世代の新しい細身の方のxshadowです。
試聴記でも触れましたが箱が重たいので設置場所には要注意です。
今回はそれも考慮にいれて1.5mを注文しています。

2018-08-15_11-42-40_988.jpeg
・本体1

2018-08-15_11-42-49_867.jpeg
・本体2

2018-08-15_12-21-06_134
・設置後


【レビュー】
試聴記と印象は大きく変わりませんが、新品導入による変化やAARMの効果などを前回触れてない部分を重点的に書いていこうと思います。

導入場所:プリ→パワー間
プリアンプ:Fundamental LA10 Version2(with AD power)
パワーアンプ:Fundamental MA10 Stereo(With AD power)

新品での導入による変化について
MITにはTwo over Two Burn-In Ruleというものがあります。
これは2日間のエージングで75%のパフォーマンス、2週間のエージングで100%のパフォーマンスというものです。
(導入初っ端から「ぱないの!」と感じるほどのパフォーマンスではありましたが、確かにこのルールはあながち間違いではない?と感じる部分も・・)
panaino.jpg
平日は基本的に聴く時間が取れず、2日間のエージングにだいたい2週間、2週間のエージングは今なお継続中という感じです。2ヶ月くらいで終わるかな?
導入したのが8月の上旬なのでトータル2日間エージングあたりの変化が本領発揮してきたか?と感じました。
それは音の佇まいが違うというか腰が座ってグリップが効くようになってきたことです。
また、中域から低域にかけてのエネルギーバランスが整って厚みとスピード感が揃ってきました。立ち上がりと立ち下がりが明確で深く沈みながらもトロくならず空間全体を震わす心の通った低域です。
以前、試聴したときにも感じたあの音です!

AARMについて
これについては当方よりもわかりやすく説明している方のブログ記事があったのですが、一時的に閉鎖中なので紹介できず(残念・・)
再開されたら追記して紹介したいと思います!
技術解説は別記事で書いていますが、実際試してみないとよくわからないがほとんどだと思います。
Interface BOXについたセレクターで聴感上の帯域バランスが変わります。
この機能は特にアニソンユーザの女性ボーカル好きにはたまらない機能だと思っています。
何故ならば、オーディオシステムでアニソンやキャラソン、声優の歌を聴いているときにこんなことを思ったことはありませんか?
「この声優さんはもう少し可愛さが欲しいな・・。このキャラクターはイメージ的に少し低めの声が出れば」など、微妙な声の質感、表情が出てほしいという事です。
当方は色んな曲を聴く中で、よくそんなことを考えながら聴いています。
もちろんシステムの基本性能が高まるに連れて、そういった微妙なニュアンスが出てきますが、あと少し!今の状態は変えずにこの曲だけを変えたいといった事があると思います。
そういった痒いところに届くのがこのAARMという機能です。
ガラッと大きく変えてしまうのではなく、もう少しといった感じに機能してくれます。
参考になるかわかりませんが、AARMを使うパターンをいくつか。
moreへ+1する場合:小倉唯、キャラ声の佐倉綾音、キャラ声の東山奈央、釘宮理恵 etc
lessへ-1する場合:アーティストのときの井口裕香、JUNNA、etc

水瀬いのりのキャラクターで例えるとAARMによってチノが怒りモードのレムにもなれます!
chino.png
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
レム


上限はそれぞれ±2ですが、基本は0(flat)で運用しています。
MA-X2は高くて買えないという方はひとつ下のOracle Matrix50 Rev.2を狙ってみるといいかもしれません。
2018-08-15_17-28-12_983.jpeg
・AARM1

2018-08-26_20-25-25_388.jpeg
・AARM2

今のシステムで導入してみて
超高性能で素材の質感をきっちり描き分けるのは当初から大きく変わっていませんが、Fundamentalを導入してからは、音楽的な情感表現、躍動感が豊かになったことです。
旧MITにあったどの曲でもその個性が一辺倒になってしまうのではなく、曲に応じて適切なバランスでそれが出てくるように感じます。鈴木このみやLiSAを聴くにはたまらないですね!!
動的表現と静的表現のメリハリがつき、ニュアンスたっぷりに歌うようになってMAでは超えられない壁を感じました。


【まとめ】
試聴記でも書きましたが、このケーブル最大のマイナス面は入手性と価格です。
まず、入手性は国内に代理店がないので試聴はおろか、海外から出物や販売店を探すことから始まります。
現在国内には私含め3人しかユーザはいないのでそのいずれかが手放せば或いは・・ですが皆余程な事情がない限りそれはないと思います。
次に価格ですが、現在のレートだと以下のとおりです。ここに入金に対する手数料や送料などが加わります。

1$ = 111円(2018/09/09現在)

1m:$14999(約167万)
1.5m:$15249(約170万) ※今回導入した長さ
2m:$15499(約172万)
3m:$15999(約176万)

mio.jpg
(セリフ的に違うけどしっくり来たので...)

販売店経由の実売はもう少し安くなりますが、もし国内に代理店がついたとしたらmagnum opusの国内価格に近づきそうですね。

最後に、現在DAC-プリ間がOracle MAなのでここも来年以降でMA-X2か3、SHDを狙って行きたいと思っています。
referenceグレードのALL MIT化はまだまだ先が長いと改めて思いました。

-終わり-


【おまけ】
MA-X2が届いたときに手持ちのOracle MA 2ペアと記念撮影しました。
このうち1mは知り合いの元へ嫁ぐことになり、嫁ぎ先でも大変気に入られたようなので一安心です。
ルイズ   hayate.jpg


2018-08-15_11-49-13_441.jpeg
・記念撮影

Crystal Cable Absolute Dream Power Cable おかわり

前回の記事から4ヶ月も経過してしまいましたが、お休みのタイミングで久々の更新です。
表題の通り、ADおかわりしました!

写真 2018-07-29 12 04 52
・全体像

1本目はexorionさんより譲って頂きましたが、今回の新品での導入になります。
おかわりというとこれを思い出しますね...

logo.png
・Create by "みなジェネ"

今回は簡易レビューになります。
詳細は1本目の導入記で書いているのでそちらをご覧ください。

Crystal Cable Absolute Dream Power Cable 導入記


1本目と微妙に外観が変わっていたのでその変に触れたいと思います。

【外見】
写真 2018-07-29 12 10 34
・AD 1本目(下)、2本目(上) 比較

写真の通り右と左でロゴの印字が違います。
他には、プラグ、スタビライザーの保護にCrystalロゴの入ったフードに変わっています。
1本目の方は網状のスリーブが付いていました。
あと、一層目のシールドに使っている単結晶金メッキ銀の色が違います。
2本目の方が濃いめの金色に見えます。
1本目のS/Nは800番台、2本目はS/Nは1000番台なのでロット違いかマイナーチェンジでしょうか。

【レビュー】
写真 2018-07-29 15 11 45
・パワーへAD

導入した場所:パワーアンプ
導入前に使用していたケーブル: Fundamental RPC10

プリで使用した際の印象と大きくは変わりませんが、パワーアンプならではの変化について書こうと思います。
それは低域のレンジ感と駆動感です。
今まで使っていたRPC10はMA10の純正ケーブルだけあってアンプとの親和性が高くADに変更するまでは特段大きな不満はありませんでしたが、実際に比べてみると基本的な性能、音楽的な聴かせ方、上記の要素に関して、思わず「うわッ」と声を出すような違いがありました。
ADを入れたMA10は音楽に濃厚で緻密、滲みと遅れのないリズミカルで豊かな色彩感を与えてくれます。
まだまだこのアンプの持つポテンシャルが計り知れないと驚きました。

【まとめ】
写真 2018-07-29 15 05 12
・プリへAD

ようやくプリとパワーにADが入って晴れてW AD!!になったわけですが、ADは2本目を入れると更に良さが際立ちます。
ゆかりんやざーさんが更に魅力的に目の前で歌ってくれるようになったので休みの日は時間を忘れて音楽に浸ってしまいます♪
次はいよいよUDを入れたいところですが、少し時間がかかりそうな感じです(主に価格面で)

短めの更新になりましたが、次回は厄払いケーブルその2の導入記になります。
※厄払いケーブルとは仕事で溜まった厄を払うために導入したケーブルのこと。
※一回の厄を払うためにオーバリミット状態でオーディオ資金を使うこと。


おわり

-Loui-

ゆかりん、ざーさん、いのすけが歌うために考えたシステム

皆様、ご無沙汰しています。
この更新が2018年初となります。
前回の更新から約半年が経っていました・・・・。

ブログタイトルに反する「更新頑張れてない」です。

さて、今回は色々システムの更新があったので纏めて記事にしたいと思います。

【Introduction】
今回大きく変更した部分は以下の通り、
★プリアンプ
★パワーコンディショナー
★電源ケーブル
★インターコネクト
★LANケーブル
★部屋


【目次】
①My Audio System
②Ideal Sound & Vision
③Sound Design
④Sound Create
⑤Change point & Result
⑥Outlook for the future
⑦Editor's note/Acknowledgments

①My Audio System
・赤字が変更点

・Network Bridge:exaSound PlayPoint(Build in Roon Core)
 - Power Supply:Special orders
  - Power Cord:VOVOX Textura power
  - USB Cable:AIM SHIELDIO UM1-N005
  - LAN Cable:AIM SHIELDIO NA5-N010
  - Insulator:KRYNA:C-prop/3P


・Switching Hub:JS PC Audio NH-10D(Special orders)
  - Power Cord:Fundametal RPC10
  - LAN Terminator:JS PC Audio NLT1

・NAS:IO DATA Rock Disk next WD1T
  - Noise Cancellation:iFi Audio DC iPurifier
  - Power Supply:Special orders
   - AC Conditioner:JS PC Audio AFS1 LTD [1st Anniversary Edition]
   - Power Cord:Fundametal RPC10
  - LAN Cable:AIM SHIELDIO NA5-N005


・DAC:exaSound e20mk3
 - Noise cancellation:iFi Audio DC iPurifier
 - Power Supply:Audio Design DCA-12V
  - Power Cord:VOVOX Textura power
 - Insulator:KRYNA:C-prop mini extend/3P

・Pre Amplifier:Fundamental LA10 Version2
 - Power Cord:Crystal Cable Absolute Dream


・Power Amplifier:Fundamental MA10
 - Power Cord:Fundamental RPC10

・Speakers:Fundamental RM10
 - Sp Cable:MIT SL-Matrix 90 Speaker Interface 10ft
 - Sp Insulator:KRYNA:D-prop mini extend/3P
 - Sp Stand:Acoustic Revive RSS-602
 - Stand Insulator:COLD RAY:SPIKE PROTECTOR 3
 - Sp Board:Acoustic Revive RST-64

・Interconnect:
 - DAC → Pre:MIT Oracle MA
 - Pre → Power:MIT Oracle MA

・Outlet:JODELICA THE SOUND SOURCE Ⅱ
 - Outlet Cover:Audio Replas CPP-2SZ
 - Outlet Base:Acoustic Revive CB1-DB

・Power conditioner:IsoTek Titan GⅡ
 - Power Cord:JORMA DESIGN AC Landa Cu
 - Audio Board:Special orders by Venom-Man


・Power Supply:VOVOX textura power distribution
 - Power Cord:JORMA DESIGN AC Landa Cu

・Audio Rack:QUADRASPIRE Q4D SLIT Black

・Room Tuning:
 - SoundSphere Next TILE TL1350 /2
 - SoundSphere Next PYRAMID PY400 /2
 - Vento SQUARE /62
 - YAMAHA ACP-2 MB /1
 - etc... /22



『システム系統図(信号系)』
※最大化して表示推奨
2018_Audio_System.png

『システム系統図(電源系)』
※最大化して表示推奨
2018_Power_System.png

システムギャラリー:
IMG_5666.jpg
・Network Bridge&DAC(撮影者:NOSさん)


IMG_5640.jpg
・Pre Amplifier(撮影者:NOSさん)


IMG_5635.jpg
・Power Amplifier(撮影者:NOSさん)


②Ideal Sound & Vision
こちらの項目は大きな変更がないので、前回の記事から引用します。

「ストレスを感じさせない、目の前でアーティストが歌っているように感じさせる躍動的な音」

私が聴く音楽はアニメや声優を主体としたものが9割を占めます。
その中でも以下についてはReferenceとしています。
アーティスト名:曲名

・田村ゆかり:追い風
7.jpg


・花澤香菜:君がいなくちゃだめなんだ
kimi_003_cs1w1_400x.jpg


・水瀬いのり:Innocent Flower

1189040_1_0_large.jpg

③Sound Design
こちらの項目も大きな変更がないので、前回の記事から引用します。
一部追記あり。

理想の音から考えられるシステムに必要な要素を列挙したいと思います。

まず、理想の音を2つに分けます。
 ①「ストレスを感じさせない音」
 ②「目の前でアーティストが歌っているように感じさせる躍動的な音」


私にとって①とはどういった音要素なのかを列挙します。
・耳に刺さらない
・帯域にピーク感を感じさせない
・音の遅れを感じさせない
・音がダマにならない
・音が被らない
・定位感が曖昧にならない
・コンプレッションによる音圧のピーク感を感じさせない
・抜けの悪さを感じさせない


同様に②とはどういった要素なのかを列挙します。
・楽器やボーカルに厚みがある
・キレと張りがある
・ボーカルの口が大きくならない
・スピード感とノリの良さ
・声質の再現力
・実在感を感じさせる空気感
・定位感のブレない
・音像の滲みが少ない
・サウンドステージが平面的にならない
・音楽としての纏まり

ざっと思いつくだけ書いてみましたが、一行の文の中にこれだけの要素が詰まっています。
これらを自身の感性だけを信じてで納得がいくまで試行錯誤を繰り返していきます。。
抽象的で曖昧な表現が多いですが、1つ1つの要素が満たされていくことで、自分の中での違和感の無い音に繋がります。


④Sound Create
この項目については、以下2つの記事に纏めていますのでそちらをお読み下さい。
Fundamental RM10 - ゆかりん、ざーさん、いのすけシステム完成!(仮)その1

Fundamental RM10 - ゆかりん、ざーさん、いのすけシステム完成!(仮)その2



⑤Change point & Result

今回は主にこの項目に重点を置いて書きます。
★プリアンプ
Fundamental LA10 Version2の導入

IMG_5647.jpg
・撮影者:NOSさん

『導入の経緯』
※長くなるので読み飛ばしても構いません。
年明けに友人たちと某所へお邪魔した際、そこにはGoldmund Mimesis 22History+Goldmund TELOS5000がありました。
スピーカはThe SonusFaber。非常に大きくさぞかし鳴らし難いのだろうなと内心思ってました。
しかし、この組み合わせで鳴らせないスピーカは無いのでは?と思うほどに、そこから出てくる圧倒的な基本性能と駆動力に打ちのめされました。
ロックやポップス、自分の持参したアニソンが破綻なく、音楽としてビシッバシッと鳴っていたのです。
帰宅後、自分のシステムの音を聴いて安心した半面、比べるまでも無いのですが物凄い物足りなさを感じました。
そこで今何が一番この物足りなさを感じさせるボトルネックになっているのか考えました。
今まで使ってきたJeff Rowland D.G.のCONSONANCE。
音色や私の求める要素と高度に両立出来ているプリアンプと感じ愛用してきましたが、パワーアンプを変えたことでここが物足りなさを引き起こしているボトルネックなのだと気が付きました。
オーディオではよくある話ですが、自分よりも遥に高度なシステムを聴かなければ現状でも満足出来ていたのに...というものです。
ここでの高度なシステムとは極めて基本性能が高いまたは自分の好みの要素を極限まで高めて出してくるシステムのことを指します。
ただ、プリアンプを変えるにも何を買ったら良いのだろうか?と悩みました。
22Hは買えるはずもありません・・。
ちなみに、この時はLA10(Version2)を買う予定は全くありませんでした。
何故ならメーカーの試聴室で聴いた時に、私が聴く音楽にとっては見たくない部分も包み隠さず出してくる高い性能とそれによる弊害(ストレス)を感じさせるものだったからです。
そこで、Spectral DMC-30SS2が第一候補に上がりましたが他社パワーアンプと組わせた時に残留ノイズが気になることを思い出しました。
次にテクニカルブレーンのプリアンプですが、残念ながら予算としてはオーバー。
他、数社検討はしてみるものの決定打となるようなものはありませんでした。
この時は、考えるのを止めてまたいつものように今の音に慣れて満足出来るようになるだろうと思っていました。
某所へ訪問した1~2ヶ月後、当ブログでもよく名前が出てくるNOSさんの所へお邪魔してきました。
なんと1年半ぶりの訪問でした。(こちらへは定期的に来て頂いているのに自分ときたら・・)
そこで今回のプリを購入に至るきっかけが、あったのです。
1年半ぶりにもなると機器やケーブルが大きく変わっていました。
その中でも一際気になったのがプリアンプの変更です。
彼は元々自作のバッテリー駆動プリアンプを使っていましたが、それをオーディオデザイン製のプリアンプに変えていました。
個人的にこのメーカーは、性能は極めて高いが音が淡白で面白みがない、つまらないという印象が強かったです。
しかし、音を聴いて直ぐにそんなイメージはかき消されました。。
悪い部分は感じさせず、性能の高さがいい方向に纏まっていたのです。
全体的な基本性能の向上とそれに伴うスピーカを駆動する力が良くなっていました。
彼は様々なコンポーネントを駆使することでシステムトータルとしての調和を取っていたのです。
この時、以前メーカーでLA10を聴いた時のイメージはあくまでその環境であって、自分のシステムで試して見ないとわからないと思い、購入の決心がつきました。
暫くして、いつもお世話になっているオーディオショップへ連絡をとり、LA10Version2購入に至ったのです。
因みに、何故Version2なのかというとまず、自分が購入したときは既に1はディスコンになっていたこと。
次に、Version2の方が小・中音量再生に優れており、基本性能の中でも特に解像感において1よりも良くなっていたからです。
導入前に悩んだことはケーブルです。
メーカーには幸い純正ケーブルがありますが、信号系のALL MIT化はマストにしている私にとってはまず純正は使うつもりはありませんでした。
このプリアンプはバランスイン、バランスアウトが基本設計となっており、手持ちのMITはどれもアンバランスで変換が必要になります。
更にVersion2からは4連式のバランスアッテネーターになっており、アンバランスで入り出しするには内部結線を変更する必要があると鈴木さんが教えてくれました。
すぐさま、購入したショップへ特注の変換プラグの購入と鈴木さんへ内部結線の変更を事前に依頼したわけです。
これでアンバランスイン、アンバランスアウトが出来て、信号系のALL MIT化が維持出来ました。

『導入後の使いこなし』
前置きが長くなりましたが...。
LA10が来て直ぐは電源ケーブルに純正のRPC10を使っていました。
導入仕立ての時の印象としては、予想通り基本性能が跳ね上がり今まで見えてこなかった音や表情を感じられるようになりました。
また、Jeffの時も少し気になっていた残留ノイズは皆無でサウンドステージが非常に静かになりました。
この時はあぁ買ってよかった。自分の判断に間違いはなかったと思いました。
しかし、そう思ったのも束の間。なんだか、音が薄い。。モノトーンだなぁと気になりました。
これもオーディオではよくある買った当初では気が付かない、暫くして気になりだす"あれ"です。。
そこで、真っ先に元々プリアンプ用に使っているCrystalのAbsolute Dreamを取り出し繋ぎました。
すると・・何故最初からやらなかったんだ!と後悔しました。
それはは更に基本性能を高めつつ立体的で色彩感豊かな音です。
これで漸く満足して音楽を聴き始めるようになりました。

本来なら、導入記として詳細なレビューをしたい所ですが、最近ブログを書く時間が全然無くなってしまったので要約してこの記事にまとめることにしました。

★パワーコンディショナー
IsoTek Titan GⅡの導入

IMG_5665.jpg
・撮影者:ブログ主

『導入の経緯』
ボーカルの質感、低域のクオリティ、力感を高めるべくアメリカから1世代前のGⅡを輸入しました。
現行のEvo3と比べて、本機への入力がパワコンであること、中のフィルタの性能が若干低いことが挙げられますが手の出しやすい価格で出ていたので迷わず突撃しました。

『導入後の使いこなし』
結果として思っていた通り欲しい部分、高めたい部分がしっかり出てきてくれました。
以前使っていたシュンヤッタのHydraと比べると空間の広がりが少し弱くなった気がしますが、その反面音像の立体感がましたのでトータル的に良いと判断しました。
決定的なのは中低域、低域のクオリティと音色を変えないニュートラルな部分、そして高い基本性能です。
質感の部分について純正だと荒く聴こえたので次に紹介する電源ケーブルに改装しました。

★電源ケーブル
JORMA DESIGN AC Landa Cuの2本導入

写真 2017-12-03 16 43 15
写真 2017-11-02 21 28 05
・撮影者:ブログ主

『導入後の使いこなし』
2本購入し、それぞれ片側の頭をパワコンに変更しました。
1本は壁コンとTitanの間に、もう1本はTitanのLinkOUTから電源タップに使っています。
2本導入後は全体的に質感が良くなり、空間も純正よりも広がるようになりました。
また、より癖は少なく厚みも出てくるようになりました。

★インターコネクト
Oracle MAの追加

写真 2018-03-08 19 56 04
・撮影者:ブログ主

『導入の経緯』
たまたま、いつも利用する海外のサイトを見ていた所出物を見つけてしまったからです(ホント)
世代としては元々使っていたOracle Matrix50の方が新しく性能的にも勝る部分がありましたので追加して良くなるかは正直不明確でした。。

『導入後の使いこなし』
追加して感じたのはOracle Matirix50よりも音が滑らかに朗々と鳴るようになりました。
これはPole数が50から68へ上ったこととInterfaceのBOXがCNC削り出しのアルミ筐体になった恩恵だと思います。
一番、追加してよかった部分はサウンドステージと音像の立体感です。これはOracle Matrix50には搭載していない機能の2C3Dの違いによる部分が大きいと思います。
DACからPowerまでOracle MAになったことで、少し最低域のコントロールが甘いな、これはOracle Matrix50が入っていた時の方が良いと思いました。
やはち、最終的に行く所はMA-X2以上を2本入れる何でしょうね.....w

★LANケーブル
AIM SHIELDIO NA5の2本導入

写真 2018-04-13 22 13 38
・撮影者:ブログ主

『ファーストインプレッション』
・箇条書き
音を汚さない静かさ。
音色はニュートラルでバランスが良い
以前まではドラムが弾むけども少し膨らんでいたことに気がつく
そして、ボーカルに付帯音が乗っていた(静かさに関連)
ボーカルの表情がよりリアルで立体的になった

『導入後の使いこなし』
以前使用していたNOCXの方が押し出し感はあるものの、NA5の方が緻密で正確で靭やかで深く沈む低域が出るようになりました。
何より、何処かにピークを感じさせない所に強み魅力を感じました。
あからさま解像感を表に出さない所。微細でスーッと伸びて散っていく余韻。そして、ゴージャスな演出をしない、そのままを感じれらること。


★部屋
音響パネルの追加や移動、部屋全体のリメイクの実施。

写真 2018-03-31 22 37 46
写真 2018-03-31 22 37 54
・撮影者:ブログ主

『まとめ』
総合的に音の滲みや特定の帯域が耳につくという部分がなくなりました。
床の一次反射にYAMAHA ACP-2N MBへ移動させたのが部屋関連では最も大きい効果を見せました。
中低域・低域の音階がはっきりし、床からの反射によって汚されていたボーカルや楽器がよりナチュラルにグンと立体的に歌うようになりました。


実際にシステムを組み上げてみて、理想の音にどれだけ近づいたかの結果を述べていきます。
※◎→実現、○→概ね実現、△→改善の余地あり
※+が付いたものは実現出来て以降、更に良くなったことを示す。

まず、①「ストレスを感じさせない音」については105%達成出来ました。
(%に上限は設けてないです)

・耳に刺さらない→◎+
・帯域のピーク感を感じさせない→◎+
・音の遅れを感じさせない→◎+
・サウンドステージが平面的にならない→◎+
・音がダマにならない→◎
・音が被らない→◎
・定位感が曖昧にならない→◎
・コンプレッションによる音圧のピーク感を感じさせない→◎+
・抜けの悪さを感じさせない→◎


次に②「目の前でアーティストが歌っているように感じさせる躍動的な音」については102%達成出来ました。
・楽器やボーカルに厚みがある→◎
・キレと張りがある→◎
・ボーカルの口が大きくならない→◎+
・スピード感とノリの良さ→◎
・声質の再現力→◎
・定位感のブレと滲みが少ない→◎
・纏まり→◎+


①と②を合わせると約104%(前回+24%)達成なので、だいぶ満足の行くシステムが構築出来たと実感しています。

以下にReference毎の歌っている度合を示します。

田村ゆかり:120%

花澤香菜:110%

水瀬いのり:98%


きっともっと良くなるのかも知れませんが、自分がいろんな所で聴いた限りでは経験として見つけられてないです。
水樹奈々や鈴木このみ、LiSAはexorionさん所で120%以上振り切れたクオリティで歌っています。
あのくらいまで行けると感動を覚えます。

●Outlook for the future
今後の予定について書いていきます。
DACのアップデート
『候補検討中』e32?MSB?

パワーアンプ用の電源ケーブルを購入
候補として、
・Crystal Cable Absolute Dream
・STAGE III CONCEPTS - A.S.P. KRAKEN

プリアンプ用の電源ケーブルを購入
・Crystal Cable Ultimate Dream
※現在のADはパワーorDACの電源へ

引き続き、無期限で現行ALL MIT化のグレードアップ
Oracle MA-X2→Oracle MA-X2→Oracle Matrix SHD120


●Editor's note/Acknowledgments
前回のシステム完成(仮)から8ヶ月が経っていました。
今年は年明け早々にぶっ飛ばしてしまい、他のモノが買えなくなってしまいました。
それに並行してなのか仕事も忙しくなり、音楽を聴く時間がガッツリ減りました。
平日は少音量で数十分、休日は仕事が無ければある程度聴く時間が取れている感じです。
今回の更新時点で目指す方向性が不満を潰すよりも、より自分を感動させう理想の音にするためには?にシフトした感じです。
ここ3年位で一気に自分の考える最高を揃えられてきたので、このへんでひと休憩したい所ですが・・・。
また暫く更新が滞ってしまうと思いますが、今後ともよろしくお願いします!

- Loui -

●おまけ
ハイエンド電源、ケーブル色々聴いてみようの会
Special Thanks:exorionさん
Guest:あしゅらんさん

ラインナップ:
・Crystal Cable Ultimate Dream
・JORMA DESIGN Prime
・TRANSPARENT Opus
・Crystal Cable Absolute Dream(手持ち)

写真 2018-02-03 14 34 02
写真 2018-02-03 14 35 22
・撮影者:ブログ主

結論:
ADとUDを併用したボーカルは極上!欲しい!
その組み合わせの前には他の2本は印象が薄い・・・。

写真 2018-02-03 15 10 30
撮影者:ブログ主

『NOS撮影者集』
exaSound PlayPoint & e20mk3
IMG_5668.jpg

<Fundamental LA10 Version2>
IMG_5644.jpg
IMG_5649.jpg
IMG_5650.jpg
IMG_5660.jpg

<Fundamental MA10>
IMG_5631.jpg
IMG_5685.jpg

<Fundamental RM10>
IMG_5683.jpg

『黒い三連星』
LA10 version2が届いて真っ先にブログ主がやったこと(笑)
写真 2018-02-01 11 58 23

Crystal Cable Absolute Dream Power Cable 導入記

皆さん、ご無沙汰しています。

月一更新のはずがいつの間にか不定期になり、三ヶ月が経っていました。
(更新のネタが溜まりすぎて捌けない状態になっています...)

暫く訪問記はお休みにしてコンポーネント関係の導入記が続くと思います。
今回の導入したのは「Crystal Cable」の『Absolute Dream Power Cable』デス。
8月に投稿したシステム完成記事の最後に書いた今後のロードマップがまさか今年中に叶うとは思っていませんでした(笑)

写真 2017-10-29 10 16 03
・AD全体像(撮影者:ブログ主)

当ブログでもお馴染みexorionさんのご厚意により、譲っていただきました。
早速の概要に移りたいと思いますが、基本的にはDLPの導入記からの引用が多いです。

【概要】
まず、Crystal Cableとはどのようなメーカーなのか、代理店であるHarman International JapanのHPから詳細を引用します。
(引用元はこちら

以下詳細、

2004年にオランダで設立。既に世界30カ国以上の販売実績を持ち、多くの録音スタジオへの導入も進んでいます。
高純度伝送を極限まで追求し超低歪率を達成した“シルバー=ゴールド導体”、
シースルー・ジャケットに包まれたスリムでエレガントなスタイル、弦楽器の弦のようなしなやかさ。
新しい発想から誕生した「Crystal Cable」は、デジタルAV、マルチチャンネル時代に対応する新世代ハイクオリティ・ケーブルです。

ここまで
補足:国内代理店では下位モデルのUltra Diamondまでの取り扱いとなっています。


更にブランドの生い立ちについてe-イヤホンさんのブログに詳細が記載されていますのでそちらから引用します。
(引用元こちら

以下詳細、

Crystal Cableの設立者はMrs.Gabi van der Kley(ガビ・ファン・ダー・クレイ夫人)。SILTECH社長Edwin van der kley氏の奥様です。
夫人がSILTECHのマーケティングを担当していた時期、SILTECHのリサーチ部門(新たな素材や応用技術などを調査開拓する部門)に航空機の機内配線材(航空機のオペレーション用信号/データの伝送用)として、細くて軽く、強度と耐熱性に優れた高性能ケーブルを航空機メーカーと共同開発するプロジェクトがあり、この『マイクロケーブル』の技術が完成しました。
航空機用ケーブルとして、すべての厳格な規格や安全基準にパスしましたが、延べ数百メートルにも及ぶ機内配線材としてはあまりにも高価であったため、採用には至らなかったといいます。
Crystal CableはSILTECHの基礎技術をベースとして(シルバー=ゴールド導体やカプトンインシュレーターなど)開発されたケーブルではありますが、現在では独立した研究開発部門を持ち、独自に素材の調達、加工も行っています。
SILTECHの工場敷地内ではありますが専用ラインを設け製造を行っており、資本的にも完全に独立した一ケーブルメーカーです。

ここまで


Monocrystal

The Crystal Cable Monocrystal Silver Conductor ? The Gold Standard For Signal Transfer

・導体の構造については図に示すとおりです。
crystal_cable_absolute_cross_section_large.jpg
導体の構造図(公式HPより)

中心に「Monocrystal Silver Core(単結晶銀導体)」、その外側を「Dual Kapton layer(2層のカプトン材)」、
更にその外側を「PEEK(ポリエーテルエーテルケトン樹脂)」に覆われています。
二層目のシールドには「Silver plated monocrystal copper shield(単結晶銀メッキ銅シールド)」が施されています。
一層目のシールドには「Gold plated monocrystal silver shield(単結晶金メッキ銀シールド)」が施されています。
それらを纏めた「Transparent sleeve(透明なジャケット)」に覆われています。

現在Monocrystal silver導体を用いているのは、以下の3モデルになります。
flagship: Ultimate Dream(以降:UD)
TUD_POWER450x300.jpg
CONSTRUCTION_POWER.jpg
(公式HPより)

2nd: Absolute Dream(以降:AD)
Carbon_Power450x300.jpg
crystal.jpg
(公式HPより)

3rd: Dreamline Plus(以降:DLP)
Power450x300.jpg
Dreamline_Plus_constructie.jpg
(公式HPより)

それぞれの違いについては以下の表に示すとおりです。
表1


価格表についてはこちらをご覧ください。
※2014年の価格リストなので現在とは異なる場合があります。

参考程度に現在の定価(EUR)と円換算した場合の比較表を作りました。
※送料、中間マージンは含まない
表2


【外見】
ジャケットの内側が単結晶金メッキ銀シールドなので外見は金色寄りです。
(Odinは銀色寄りです。画像のものはアプリックスさんのご厚意で試聴した際の画像)

写真 2017-10-29 10 18 49
・AD全体像2(撮影者:ブログ主)

写真 2016-08-23 18 43 05
・Odin全体像(撮影者:ブログ主)

DLPと比べるとMonocrystalの束が4本使われているので太いですね。
とはいっても、他社のハイエンド電源ケーブルと比べると細めで取り回し良好です。
(DLPの取り回しには劣ります。)

プラグは上の表に記載した通りFurutechのFI50M(R) + FI50(R)です。
DLPで使われていたWattgateのプラグと違って金属パーツが多いのでずっしり重いです。
あとはプラグのシェルが他社よりも太いのでコンセントカバー、機器のIECによっては刺さりません。

写真 2017-10-29 10 35 23
・DLPとAD全体像(撮影者:ブログ主)

スタビライザーというか飾りは、DLPは樹脂でコンパクト、ADは金属で重く光沢があります。
この飾りは移動できるので、設置場所に合わせて丁度よい所へ移動させます。
渡しの場合は機器のIEC側に寄せています。
トラペ、Jorma Prime、MITの用に中にパッシプのフィルターが入っているわけではないです。
写真 2017-08-19 14 57 30
・DLPの飾り(撮影者:ブログ主)

写真 2017-10-29 10 38 50
・ADの飾り(撮影者:ブログ主)

ケーブルが入った化粧箱はDLP同様、豪華な雰囲気ムンムンですが、個人的にはDLPの箱の方が落ち着いて好きでした。

写真 2017-11-02 23 33 38
・上DLP、下ADの化粧箱

写真 2017-10-29 10 12 32
写真 2017-10-29 10 12 39
写真 2017-10-29 10 14 53
・ADの化粧箱(撮影者:ブログ主)


【レビュー】
いつも通り、細かいパラメータや比較などは入れずに、このケーブルを導入してみて感じたことをそのまま文にしていこうと思います。
と言いつつも、DLPとの比較も含めて書きます。ついでにexorionさん所でUD聴いた際も少しだけ触れます。

導入場所:プリアンプ
以前使用していたケーブル:Crystal Cable Dreamline Plus Power cables

プラスと捉えられる傾向について

・ずば抜けた音像描写力(AD > UD > DLP)
音像描写に関しては他社を突き放すような高い性能を持ちます。
それ程までに立体的で実体感を帯びた音像がサウンドステージ上に描写します。
以前聴いたOdinの音像表現も凄みを感じますが、どちらかというと音場表現に長けており、ADと比べると引っ込んで聴こえます。
音がグイッと前に出てきつつも奥域方向が浅くならないので、ボーカルと楽器の位置関係がハッキリしています。
横方向もスピーカ外まで広がるので十分に広めです。そして音が前に飛んでくる分、包み込まれるようなホログラフィックなサウンドステージを体感できます。
音像は膨らまず明瞭で厚みは損なわれないままコンパクト、サウンドステージ上に余裕を持って定位します。
上記をDLPと比較すると、DLPの方が、音像が大きめでステージの深さが浅めで余裕がないように感じられます。


・ハイスピードで抜群の抜けの良さ(DLP > AD > UD)
以前にも書いた通り、この項こそDLPが持つ最たるものだと思います。
(その代わり、マイナス部分がはっきりしていますが。。)
しかし、ADには脅かされます。明らかに上と下のレンジが広くなっており、特に下の深い部分の制動力、スピード感はそもそもDLPでは出てなかった部分です。
レンジが広がった分、揃い具合にほんの少しのずれを感じます。(特定の曲の特定部分くらいの少しなので基本的には気にならないです。)
プリアンプとの相性ですが、揃い具合と引き締め効果だとDLPですが、トータルバランスだとADの方が良いと思いました。


・カラフルな色彩表現(UD > AD > DLP)
モノトーン調な色彩にはならず、個々それぞれのニュアンスを明確に表現します。
それぞれの音の明と暗のうち、明の部分のパラメータを持ち上げて、色味を濃くするような感じです。
ここでの明は明度ではなくコントラストです。また、ほんの少し彩度も上げているように感じます。
極端ですが画像で例えるとこんな感じ。実際に聴き比べると音楽の見え方が画像くらい違います。
肉
この表現は生楽器もそうですが、打ち込みで最も驚きました。
「あれ...この部分こんなにキラキラでゴージャスな感じだったけ?」
「しかも、品があって楽器やボーカルを主役に引き立たせている。ワーイ!タノシー!(思考力低下)」
DCecxrXUwAAHi8g.jpg

音楽の印象そのものが変わります。今まで隠れていて感じられなかった細かな表現を明確に深く描写されるので、音楽にかぶりついて聴けるようになります。
あとは声の再現において、この項は非常に重要であり、現在最高に位置するのがUD、次いでADとなります。
他社を寄せ付けない特徴ですねb

【まとめ】
以前のまとめに追記する形で書いていきます。
より広い帯域におけるエネルギーバランス、スケール感についてはADが優れており、また情報量も多いです。
総じてADは非常に使いやすいコンポーネントであると言えますが、部分的に特化しているDLPにおいてはバランス調整さえ出来てしまえば、ADにも大きく劣らない性能が期待できます。
今回導入に合わせてDLPとOracle AC1Modを手放しました。両方共同じ方の元に嫁ぐ形になりました。
その方にもお話したことですが、低域過多なシステムやMITのOracleグレードのような低域を得意とするコンポーネントと合わせることでDLPのマイナス部分を補うことができ、容易にバランスの調整が可能です。
ここまで来て思うことはこのクラスの電源ケーブルで基本性能を気にすることは非常に野暮なことであり、その先にあるオンリーワンの世界観を感じたいがために手にするものだと思いました。
Crystal Cableの場合、その世界観がDLP、AD、UDでそれぞれ違うものを持っており、どれかに強くはまってしまうと中々抜け出せないことを知りました。
最後までDLPを手放すのを悩みましたが、ボーカル表現が決め手になりました。(この調子だとUDにも堕ちそうですが...)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。